はじめての特許出願ガイド

弁理士・企業の特許担当者・発明家に向けて、明細書・クレームの書き方を中心に、それに伴う特許調査や出願・中間対応業務についてもわかりやすく解説しています。
特許権を広く取得するための考え方・表現の選び方が理解できます。
巻末付録では、明細書で頻出する技術用語をピックアップ。
実際の明細書の表現や図を示しながら、意味や使い方を説明しています。
〔目次〕
Part1    特許とは
Part2    発明の調査
Part3    明細書、特許請求の範囲の作成
Part4    出願と中間対応
巻末付録  明細書で頻出する技術用語                

なるほど図解 特許法のしくみ(第4版)

豊富な図と最新事情が学べるコラムをまじえ、全102

テーマをわかりやすく解説。盛り上がるIoT・FinTech

特許、タイムスタンプサービスの開始などのトピック

をフォロー。

特許法は、発明者を保護する代わりに、その発明を公開させ産業の発展を促進することを目的とした法律です。本書は、企業の特許担当者、特許法をいちから学びたい方、弁理士試験の受験生などを対象に、特許法を102のテーマに分け、図表をまじえた見開きで解説します。                   

なるほど図解 商標法のしくみ(第4版)

 

豊富な図と最新事情が学べるコラムをまじえ、全102

テーマをわかりやすく解説。「音」「色」「動き」の

商標の活用例や、活発化する地域団体商標などについて

も掲載。

商標というのは、簡単に言えば「ブランド」であり、今日ビジネスを行う上で必須のアイテムです。商標が重要であるために、著名な商標をめぐってトラブルとなったり偽ブランド品が横行したり、ということが起こるのです。本書は、話題になった事件をサンプルとして挙げながら、商標法をわかりやすく解説しています。                   

なるほど図解 著作権法のしくみ(第3版)

豊富な図と最新事情が学べるコラムをまじえ、全94

テーマをわかりやすく解説。髪型の写真の著作権者や、

製品写真の著作物性など、話題となったトピックを

追加しアップデート。

インターネット社会の進歩によって、自宅にいながら音楽や映画などが手に入るようになりました。しかし、こうした著作物は著作権法という法律で保護されており、これに違反すると罰則を受けることもあります。本書は、身近ではあってもむずかしい法律である著作権法を、判例を中心にわかりやすく解説しています。                

国際特許出願マニュアル

     弁理士 奥田 百子 著
     弁理士 奥田 百子 著

複数の国に対して特許を出願する際、特許協力条約を利用した国際出願の制度を利用すると「1つの手続で、1つの言語で、1つの官庁に提出すれば済む」こと となる。

本書は、この国際出願の手続を最新の情報をふまえて丁寧に解説し、さらには国内移行後のプロセスを把握するため主要国の特許制度にも言及する。

改正・米国特許法のポイント

   弁理士 奥田 百子 著
   弁理士 奥田 百子 著

2011年9月16日、オバマ大統領がAmerica Invents Act(米国特許改正法案)に署名し、とうとう米国も先願主義に移行しました。長年、米国議会で廃案にされてきた特許法改正が成立した裏側には、これによ り特許業界を活性化させ、かつての特許大国としての地位の復権を目指すという国家的な戦略が存在するようです。

本書は、日本の実務家にも非常に大きな影響 を与えるこの歴史的改正の概要を、できるだけ早く、わかりやすく読者に届けることを目的としています。

特許翻訳のテクニック

     弁理士 奥田 百子 著
     弁理士 奥田 百子 著

本書は、翻訳者の生活や業界の話、英語での特許明細書の書き方にいたるまで自分で特許翻訳ができるようになるための秘訣が詰まっています。

仕事の一環として、また職業として、この世界に興味を持った方はぜひ本書で特許翻訳者の世界を垣間見てください。

奥田国際特許事務所

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-8-10

セイコー虎ノ門ビル2F

 

TEL:03-3508-9333

FAX:03-3539-7280

 

email:info@okuda-pat.jp

 

お気軽にご相談ください