Appleとサムスンのスマートフォン訴訟、米国連邦地裁でAppleに有利な評決

 2011年から続いていたAppleとサムスンのスマートフォン(高機能携帯電話)の特許侵害訴訟について、米国カリフォルニア州の連邦地裁でサムスンの特許侵害を認める評決が下りました。

 9人の陪審員団による決定であり、サムスンがApple6件の特許侵害をしているという判断です。そして何と104,900万円(日本円にして約825億円)の損害賠償請求が命じられました(Appleが求めていた損害賠償請求は27億円です)。

この評決を受けてルーシー・コー判事による判決が下される予定です。またAppleは製品の差し止めを申請するとのことであり、そのヒアリングは920日に行われます。ここにも注目が集まりそうです。

一方、韓国ではAppleとサムスンの双方による特許侵害が認定されており、米韓で異なる判断が下ったということです。この訴訟は世界10カ国で展開されており、他国の訴訟にも影響を与えそうです。 

日本では、サムスンはAppleの特許を侵害していないという判決が東京地裁で831日に下りました。ここでは、スマートフォンとパソコンの同期という技術が問題になっています。Apple1億円の損害賠償を求めていました。

奥田国際特許事務所

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-8-10

セイコー虎ノ門ビル2F

 

TEL:03-3508-9333

FAX:03-3539-7280

 

email:info@okuda-pat.jp

 

お気軽にご相談ください