アダルトゲーム「喫茶ステラと死神の蝶」 VS 洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」

あるアダルトゲーム(1220日発売予定)に、実在の人気洋菓子店の外観が使用されていることがわかりました。そして、とうとうこの「背景画像をすべて差し替える対応」がとられることが、ゲーム会社のウエブサイト上で発表されました。

 

()ユノス

「お知らせ」(201911月)

http://www.yuzu-soft.com/191122.html

 

 

 アダルトゲーム「喫茶ステラと死神の蝶」(株式会社ユノス)

 使用されていた洋菓子店とは、「パティシエ エス コヤマ」(兵庫県三田市)

 

 ゲーム内での実在の店舗外観の使用は何が問題でしょうか。

 

著作権法46条には、

建築の著作物は原則として利用することができる(例外:建築により複製などする場合)

ことが規定されており、建物を撮影して商用利用しても著作権法に違反しません。

 

商標法

立体商標登録していれば商標権が及びますが、J-PlatPatINPIT, 特許庁)で「()パティシエ エス コヤマ」でざっと検索したところ、立体商標登録を発見できず、たとえ立体商標登録していても、指定商品、役務がゲーム関連と異なっているという理由で、権利が及ばない可能性が高いです。

 

不正競争防止法

適用の可能性が考えられるとしたら、この法律です。

マサキ珈琲(()ミノスケ)の店舗がコメダ珈琲店の店舗に似ているとして、ミノスケに対して建物の使用を禁止する決定(平成27年(ヨ)22042号)が下されました。これは店舗の外観同士が似ていたからです。

アダルトゲームに著名洋菓子店の外観が登場し、洋菓子の販売に影響が出れば、適用の可能性はあったでしょう。

 

今回の事件には適用できませんが、建物の外観は来年4月施行の新意匠法で保護されます。

 

しかし、いずれにしても背景画像は削除されてしまったので、問題解消です。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    名無し (土曜日, 01 2月 2020 13:40)

    エスコヤマは被害者なのにレビュー荒らしをされて解決していないし
    製作者サイドはテキトーに謝罪した後こんなののをふぁぼりつしてるから胸糞だな
    https://i.imgur.com/tpjKu6W.jpg
    https://i.imgur.com/PaCNSiY.jpg

奥田国際特許事務所

〒105-0001

東京都港区虎ノ門1-8-10

セイコー虎ノ門ビル2F

 

TEL:03-3508-9333

FAX:03-3539-7280

 

email:info@okuda-pat.jp

 

お気軽にご相談ください